むなしさとともに

徒然なるままに、真宗の味わいを書いていきたいと思います。不快な方は、予めご遠慮ください。

願力無窮

無明長夜の燈炬なり 智眼くらしとかなしむな

生死大海の船筏なり 罪障おもしとなげかざれ

 

願力無窮にましませば 罪業甚深もおもからず

佛智無辺にましませば 散乱放逸もすてられず(正像末和讃

 

自分の心と我が身を相手にしない。そこからは妄念妄想以外に生まれてこない。

 

仏語、よき人の仰せ、本願の名号より信が生ず。

 

我が心より決して信は生まれず。

 

法蔵願力が無窮であり、果たし遂げずばおかぬとの御心。

 

願力がかけられた我ら、専らこの行に奉え、ただこの信を崇めよとの仰せ。

 

念佛往生は如来の悲願。必ず果たし遂げるとの仰せ。覚悟。

 

信は他力の信心、自分の信ではない。

 

南無阿弥陀