むなしさとともに

徒然なるままに。自分のために、そして、いつか如来に出遇う誰かのために。

助けるの仰せ

如来は待っている。衆生を信じて待っている。

 

ただ待っているのではなくて、動きながら待っている。

 

すべてを知り抜いて、どうしても助からない、迷いに埋もれるしかない

 

このわたしを、だからこそ、我は決して汝を捨てない、と仰っている。

 

これが弥陀の誓願。果たさずばおかないの心を果遂の誓いと仰る。

 

これがわたしの体解する仏法、すなわち南無阿弥陀佛。

 

すべてから見放され、一切を捨てたわたしを、それでも助けずばおかない、

 

我が名を称えよとの如来の大悲の仰せ。

 

どんな言葉も尽き果てて、ただ南無阿弥陀佛南無阿弥陀佛。

 

助からないまま、助けられる。

 

助からないそのまま、必ず助けられる。不可思議の大悲本願智慧念佛。

 

法蔵の大願業力に一切を托す。これが帰命の相。一度まかせたらすべてをまかせる。

 

仰せのままに南無阿弥陀佛。

 

 

*こんなこと言っても、本当は分かったつもりになっているだけなのです。

 

 どんなことばを用いても、表現できないし、表現しつくせない。

 

 それはただ、南無阿弥陀佛と念佛を申す以外に表しようがないのであります。

 

 自分の信心が破られ続ける、思いが破られ続けるのはめでたい、と

 

 和田先生は仰っていました。おそらく、自分の独りよがりの理解、解釈が

 

 念佛によって打ち砕かれ、ようこそこんなわたしを捨てずばおかないと

 

 仰って下された、と慶ぶ、信の一念に何度でも立ち返ることを

 

 仰りたかったのでは、と思います。いずれにせよ、念佛を申し、耳に

 

 聞こえるのは、決定往生の響きと教えて頂いております。

 

 

 称名念佛の人は決定して往生すと信じて乃至一念もうたがう事なきを、

 

 深心と也(西方指南書 15実秀に答ふる書より:親鸞聖人)