むなしさとともに

徒然なるままに、真宗の味わいを書いていきたいと思います。不快な方は、予めご遠慮ください。

法性のまこと

弥陀佛は自然のやうをしらせんりょうなり(末灯抄)

 

いろもなく、かたちもない、言葉尽き果てた無上佛。

 

そのお心は、すべてのいきとしいけるものを、すべてもらさず、

 

立派にしてやりたい、という大悲。

 

無上佛を法性のまことと藤谷秀道先生は仰った。

 

弥陀佛から無上佛を見出す。無上佛のお心を弥陀佛を通していただく。

 

二つは一つで、一つは二つ。決して離れない。

 

念佛往生は法蔵比丘の悲願。わたしの悲願ではない。

如来の悲願は必ず遂げられる。弥陀如来衆生の往生が定まった姿と

聞いている。大悲が我執を貫いたとき、本当の生が始まる。

 

念佛は弥陀如来が更にわたしの声とまで成ってくださった。

その一声が如来の呼び声である。この一声が大悲である。

ただ念佛の声、念佛の仰せを聞く。

念佛の仰せはたすけずんばおかんの仰せ。

 

僕は化土往生で十分です。大悲をもって拵えてくださったのなら、

化土だろうが、報土だろうが、どっちでもよいのです。

今ともにいる如来にもう救いを求めることはない。

ただともにいてくれるだけでなにもいらない。

 

心は常に渇いていても、願力は無窮、心配するな、の仰せ。

 

 

南無阿弥陀