むなしさとともに

徒然なるままに、真宗の味わいを書いていきたいと思います。不快な方は、予めご遠慮ください。

またしばらくお休みします

122 一宗の繁昌と申すは、人の多くあつまり、威の大なる事にてはなく候う。一人なりとも、人の、信を取るが、一宗の繁昌に候う。しかれば、「専修正行の繁昌は、遺弟の念力より成ず」(式文)と、あそばされおかれ候う(蓮如上人御一代記聞書)

 

立派な法要に参加させて頂いた。寺族、一般の方問わず、沢山の方が

いらっしゃっていた。

 

しかし思った。この中で信を獲ている、あるいは獲ようと足を運んでいる人は

いったいどのくらいいるのだろう、と。

 

自分は聞くために伺ったが、法要が終わり、お話に入る前に帰られる方も

見受けられた。

 

浄土真宗は、学問知識教養の類ではなくて、存在に決着を着けて頂くための

教えである。

 

つまり、存在が問題にならないのであれば、必要がない教えといえる。

 

では、お前はどうだと言われると、首を傾げざるをえない。

 

なぜなら、自分にはそもそも聞きたい、聞こうという心がないからだ。

 

念佛申す身にして頂いたのは、ひとえに如来のおんもよおし、光明名号の

 

お育てに預かったからである。自分の力は微塵もない。

 

他力というは如来の本願力なり(教行信証

 

また暫くお休みさせていただこうと思います。別に意味はありません。

 

ただ何となく、書くことよりもむなしさに浸りたいと思うだけであります。

 

南無阿弥陀

 

17.06.13追記

 

有縁の先生はこう仰いました。

 

自分の救いを抜きにして、言葉遊びをして、あぁだこうだ言っても、

何の意味もない。自分のような者が本願力によって助けられたのだから、

必ず一切衆生は助けられる、必ず如来に出遇うのである、と。

 

先生の目には涙が浮かんでいました。僕はそれを見て感動しました。

 

虚仮不実で、こびへつらい、どうにもならない自分であるけれども、

一つだけ、まことが言えるとするなら、

ずっとわれらを待ち続けているのは如来であり、その名告りが、

南無阿弥陀佛である、ただ念佛して弥陀にたすけられまいらすべし、

これだけであります。あとは何にも知りません。

 

面々のおんはからいなり、との親鸞聖人の仰せを思って

しばらく筆を置きます。では、また。