むなしさとともに

徒然なるままに。自分のために、そして、いつか如来に出遇う誰かのために。

おぉ阿弥陀よ

よびづめ たちづめ 招きづめ

 

弥陀は焦がれてあいにきた

 

そのお姿が南無阿弥陀佛(松並松五郎先生のおうた)

 

このくちにあらわれたまう念佛がまさか如来ご自身であったとは。

 

まぁご親切に、自分がいなければ阿弥陀にならんですんだのに

 

ほんにご苦労をかけますね。

 

おぉ、よくぞ念佛してくれた。よくぞ我のいうことを聞いてくれたのぅ。

 

念佛を申せば如来が慶ぶ。如来が念佛を行ずる。大行じゃぞよ。

 

如来を慶ばしてあげればいい。称えるままが聞くままじゃぞよ。

 

おぉ阿弥陀よ。わたしは浄土へ往きたくなくとも、あなたは

 

わたしを離して下さらぬ。おぉ阿弥陀よ。阿弥陀にひきずられて

 

彼の国へまいる。口称の本願。おぉ阿弥陀よ。本当にご苦労かけますね。

 

南無阿弥陀

 

生粋の直説法、御法話の頂上がこの口に現れたまう南無阿弥陀佛(松並先生)

 

ひたすら生粋の直説法を聞かせて頂きます。