むなしさとともに

徒然なるままに、真宗の味わいを書いていきたいと思います。不快な方は、予めご遠慮ください。

すべて知っているよ

光明は智慧なりと親鸞聖人は仰った。

 

この言葉を味わうに、智慧とは、全てを見通す力、神通力のように

 

思っていたが、そうではないと思う。

 

人の痛み、悲しみ、苦しみを感じられるのは、

 

その人が身をもって、それらを味わったからこそ、

 

それらを何とかしてやりたいという心が起こるのであって、

 

如来や菩薩は、自分の身を通して、それらの苦渋を嘗め尽くしているから

 

こそ、衆生に対して、慈悲、つまり苦を抜かずんばおかない、必ず助ける、

 

という大悲を起こすのである。

 

そして、なぜそれらを嘗め尽くしているか、あるいは、わが苦しみ、

 

わが痛み、わが悲しみを知っているか、というと、

 

ずっとそばにいるから、ずっとみそなわしてきたから、である。

 

このことを寿命無量という。

 

寿命無量であるが故に光明無量である。

 

ずっとそばにいるよ。これが寿命無量のこころ。

 

決して見捨てない、すべてを知っている。知っているからこそ、

どんなことをしても、我が汝を助ける、というのが光明無量の心。

 

寿命無量であるが故に、光明無量であり、

光明無量であるが故に、寿命無量である。

 

二つは一つ、一つは二つ。不一不二の大悲。

 

いろもなくかたちもましまさずの無上佛が、あえて形をとって、

言葉になり、わたしの声にまでなって、わが身、わが心に響く。

 

それを一声の念佛という。一声の念佛が如来自身であり、大悲である。

 

この一声の響きを聞く。響けば疑うとか助かるとか、そんなものどうでも

 

よくて、ただなむあみだぶつと佛の御名を申すだけで事足りる。

 

かるとか助からんとか、そんなものしらない。如来にまかす、

 

それだけで十分。確信は一つでいい。自分の確信はいらない。

 

まかせたあとは文句はいわない。いいようにしてくださればいい。

 

 

南無阿弥陀