むなしさとともに

徒然なるままに。自分のために、そして、いつか如来に出遇う誰かのために。

諦かに見る(現実を凝視する)

他の方はともかく、自分については、救いとは無縁である。

 

どうしても自己中心性を離れることができない。傷つけ、裏切ることしか

 

できない。嘘と偽りだらけである。

 

わが身わが心を諦かに見る。救いはどこにもない。どうにもならない。

 

そこに、一つのよびかけがある。

 

汝の業障の身、煩悩成就の心に一切何も期待しないし、要求はしない。

我が名を称えよ。我が願力にて、必ず汝を我が浄土へ往生させる。

 

口称の本願。本願に相応する故に、何度でも如来の一念に

 

引き戻す。往生には始まりの一念があり、遂げられる一念がある。

 

信の一念、臨終の一念。

 

救いはどこにもない。どうにもならない。どうにもならないことは

どうにもならないと見る。これを如来の如実知見というのだと思う。

そして、これが智慧である。

 

無量の勝方便は実相を思うに従って得。

一切の業障海は皆妄想より生ず。若し懺悔せんと欲せば端坐して

実相を思え(仏説観普賢菩薩行法経

 

実相とは如実知見である。

 

南無阿弥陀