むなしさとともに

徒然なるままに、真宗の味わいを書いていきたいと思います。不快な方は、予めご遠慮ください。

聖徳太子

親鸞聖人がどうして聖徳太子を讃嘆されたかわからなかった。

 

夢のお告げだけとは思えなかった。

 

太子の著作を初めて読んで驚いた。

 

太子は佛のお心が分かっておられた方とは知らなかった。

 

希有の心を生ずとは、常住を聞くを謂うなり。

通じて論ずることを為さば、常住は本然なり。但是を聞くこと希なるが故に

希有と云う(勝鬘経義疏 其中堂p10)

 

真の意味で親鸞聖人が教えを請うことができる人は法然聖人しか

 

いなかったが、法然聖人とは流刑以後お会いすることが

 

できず、親鸞聖人が苦しくて再び道に行き詰まった時、

 

おそらく太子の著作を拝読して道がもう一度開かれたのだと思う。

単に夢告だけではない。

 

本当に佛法が浸透した方でなければこんな本を書き残すことは

 

できないと感じた。

 

しばらく聖徳太子の本や華厳経や十地経に触れて、如来のお心を

 

尋ねてみます。

 

なんまんだぶ