むなしさとともに

徒然なるままに、真宗の味わいを書いていきたいと思います。不快な方は、予めご遠慮ください。

いつまでも、どこまでも

いつでも、どこでもと思っていたが違っていた。

(170719追記 違うというのは、その意味だけではなかったということ。

 つまり、いつまでも、どこまでもに包含された、いつでも、どこでもで

 あるということ)

 

如来の大悲は、いつまでも、どこまでも。

 

必ず助ける、助け遂げずんば誓うて正覚を取らじ。

 

我が名を称えよ。

 

これが如来の大悲。

 

一隅を照らすと思っていたが、一隅をも照らす。照らし抜く。

 

貫く。貫き徹す。

 

その心は遍く十方を照らす。光明蒙らぬものぞなし、の親鸞聖人のお心。

 

如来の大悲が至り届いて、この我が声にまで成って下さったとは、

 

今の今まで知らなんだ。おぉ如来よ。おぉ無限の大悲よ。

 

南無阿弥陀