むなしさとともに

徒然なるままに、真宗の味わいを書いていきたいと思います。不快な方は、予めご遠慮ください。

大切なことは何か

本当に大切なことは何だろうか?

 

そんなことを思う。しかし、日常は常に自分のものさしに

 

流され、気がついたら、身が動いているということもあるし、

 

殺生を幾らやめよ、と仰られても、それを止める力がありません。

 

残念ながら、自分は人の身を生きているからです。

 

しかし、そういうことも今はもはや無用。

 

専ら我をたのめ、と仰る如来にまかせるのみ。

 

結果は知らない。

 

本当に大切なことは仏縁だと思う。それがすべてであり、

 

それがなければ、本当に生きている意味が削がれてしまう。

 

仏縁とは何か?具体的には一声の念佛。

 

一声の念佛から法性法身を頂く。

 

法性法身から方便法身、すなわち弥陀如来、南無阿弥陀佛、

 

声の如来に帰る。

 

それだけが常住であると教えて頂く。

 

よきひとの仰せを専ら聞く。よきひととは如来である。

 

残念ながら、もはや凡夫の言葉や思いに用はない。

 

それらがいくら痛みを加えても、弥陀に託す。それだけが唯一の道。

 

それだけでいいし、それしかない。もう道がない。

 

でもこの道は佛からの道。念佛の道。如来からの道。

 

如来からの道がこの一声の念佛。

 

南無阿弥陀