むなしさとともに

徒然なるままに。自分のために、そして、いつか如来に出遇う誰かのために。

電車の中で

電車の中で隣に座った学生がプリントを持っていた。

 

初期仏教の何とかかんとか。

 

ちらりと見る。

『中道』の文字。

 

佛さんのお育てはすごいもんだなぁ。わらけてくる。

 

佛さんは「それ」になって語りかけてくる。自身は法身なので、

 あえて「それ」や「だれそれ」を通してはたらきかけてくる。

空だから握ることもできない。ただ仰ぐばかり。

 

如来のはたらきを感受する。気がつかなければ、ただの青年。

気がつけば、ともに御同行。

 

彼も如来の光明の中におり、自分もお育てに預かる。

 

いつか彼が念佛を申すことを念じて。

 

いつかあなたもとともに念佛を申すことを念じて。

 

南無阿弥陀