むなしさとともに

徒然なるままに、真宗の味わいを書いていきたいと思います。不快な方は、予めご遠慮ください。

最初から憑みにしない

ひとは、業縁存在である。

どんなに素晴らしいひとであっても、

どんなに仕方のないひとであっても、固定的な存在ではない。

 

因は無量永劫の生をもって、具足している。

 

縁は選ぶことはできない。このことを煩悩成就、緊縛と仰られるのではと思う。

 

思い通りにはいかない。思い通りにいかないことを『苦』とおっしゃる。

 

自分も他の方も所詮はひとである。ひとである以上は、有限である。

 

有限ということは、一切に限りがある、分限があるということ。

 

分限とは超えられない一線がある、ということ。ヤスパースのいう限界状況。

 

思い通りに行かなくても、苦しいことがあっても、それはそういうところに

居るから、そうなるのであって、生まれることを選んで生まれてきた人は

佛菩薩以外にはおられないはずだ。

 

気がついたら、生まれていた。気がついたら、居た。

 

どのくらいこういうことを繰り返してきたのだろうと思う。

犬猫鳥を見ると懐かしい。憎めないものがある。

 

専ら如来の如実の言を聞く。

 

この一点。これがひとに生まれた所詮だと教わる。

 

これが抜けてしまったら、また

無量永劫の生死流転の旅に出かけるのだろう。

 

自らが選んで流転することと、流転していることさえ知らずに流転しているのは

別の次元のものである。

 

 前者は佛菩薩の流転、後者はわれらの流転。

 

南無阿弥陀