むなしさとともに

念佛とはむなしさを横超する大行なり。専ら聞くばかり。ともに聴聞しましょう。もろびとみなともに。

力が入っていたなぁ

3月ごろある座談会にて、何とか伝えられないか、自分が頂いているところは

伝えなければ、と思い、ずいぶん力が入ってしまっていた。

 

結局は、自分が分かっているつもりになってしまうのだと思う。

 

今はどうやと言われれば、今もそうなのかもしれない。

 

ただ、今念佛の声が聞こえる。それだけでいいのではないかと思う。

 

今、ようやく出離生死の縁が整ったということなのだろう。

 

今、やっと念佛を申さしむる条件が整った。

 

如来が待ち望んだ時に至った。

 

 

如来衆生に出遇う時を久遠劫来待っていた』

 

これが自分の体解する佛法である。

 

『待っていた』

 

この一言は三世を超える如来の大悲から出た言葉である。

 

念佛が聞こえ、本当に遇うべきものに遇うことを得た。

 

この一点で、自分はやはり生き返ったのである。

 

南無阿弥陀