むなしさとともに

念佛とはむなしさを横超する大行なり。専ら聞くばかり。ともに聴聞しましょう。もろびとみなともに。

第十八願の心

もし、十方の生きとしいける者が、たった十声なりとも、

わたしの名を称えて、わが浄土へ生まれることがないようならば、

この法蔵は決して如来には成らない。

 

たった十声なりとも、わが名を称えた者を、決して見捨てない。

必ずわが浄土へ往生させる。

 

称えたらたすかるのではない。

 

わが名を称えるばかりで助けるという、如来の大悲を頂くばかりである。

 

ただ念佛して弥陀にたすけられましょうぞ、というよきひとの仰せをそのまま

頂いている、これを信心という。

 

わが身わが心に付随する一切で浄土に往生すること、あることなし。

 

親鸞聖人の仰せをただ頂くばかりである。たとえ常に煩悩に沈没していても、

お念佛を申すことができる。こんな不思議なことはないと思う。

 

南無阿弥陀