むなしさとともに

徒然なるままに。自分のために、そして、いつか如来に出遇う誰かのために。

むなしさから逃げない

むなしい、という感情は静かだが、執拗に流れてくるもので、

 

何の意味があるのか?ということを突きつけてくる。

 

そして、それに負けて中々行動、実行することができない。

 

それは、昔も今も同じなわけで。

 

たとえ如来に出遇ったとしても、それは決してなくならない。

何度でも出てくる。

 

しかし、本当は問題ではない。けれども、やっぱり身と心があるので、

むなしさにのまれそうになる。たとえ本当は幻であるとしても。

 

むなしさは、なくなりもしないし、逃げることもできない。

どうすればいいのだろう。

 

実相を観察する、如実知見。止観。凝視する。目を逸らさない。

おそらく、これしかないのだろう。

 

『むなしさとともに』とはいっても、中々本当に難しい。

むなしさの根源は無明であっても、現実の身を生きるものとしては、

ニヒリズムは、とても厄介である。

 

この身この心のままお念佛を申す。

諸佛善知識、先達の教えを拝読する。

 

静かに、目を逸らさずに、むなしさを見つめたい。

この先に何があるのだろう。

 

南無阿弥陀