むなしさとともに

念佛とはむなしさを横超する大行なり。専ら聞くばかり。ともに聴聞しましょう。もろびとみなともに。

無限大悲

無限の大悲をもって、無限に世間を安慰す(勝鬘経義疏 一乗章)

 

無限の大悲に相応する。

 

相応とは彼の佛の御名を称え、聞くこと。

 

称えさせ、聞かしめて、往生させ、成仏せしめるはたらきを

 

如来の本願力といい、このおはたらきを他力という。

 

自分が凡夫であるということが正しく確定した。不動である。

 

故にそれを大悲したまう如来の本願をお建て下さった。

 

その如来大悲の御声を南無阿弥陀佛という。

 

私から言えば、如来全託の意であり、

法から言えば、それが、そのまま、

我が名を称えてくれと仰るお言葉であった。

 

自分に名を称えさせるためだけに、たったこれだけのことを

成さんがために、無限大悲を起こしてくださった。

 

如来の先手、全く如来のひとりばたらきである。

 

心は必ず形の相をとる。心を頂けば、形がまことになっていく。

(藤谷秀道師のおこころ)

*これは仏法だけではなく、生活でもすべてそうであります。

 仏法と生活を決して切り離してはいけない。生活を通じて、

 仏法を確かめるのであります。これが鍵であります。

 

本当にかたじけなく、また、真宗に遇わせて頂いて、

本当に有難く思います。

 

ご覧になった方が、たった一人でもいい。お念佛に出遇い、

自分を取り戻しますように。

 

念佛は形であり、形から心が届く。

心が届けば、形は誠に仕上げられていく。

どこまでも、どこまでも。

 

南無阿弥陀