むなしさとともに

念佛とはむなしさを横超する大行なり。専ら聞くばかり。ともに聴聞しましょう。もろびとみなともに。

念佛往生の誓願

念佛申す者、すなわち、我が名を称えるものを

 

必ず我が浄土へ生まれさせる、間違わさん、という誓いである。

 

我が名を称えるばかりで、必ず助ける。

 

この言葉は我らの世界における、ぎりぎりの如来の表現である。

 

形から心を頂く。かたちなき法性が、自己を否定して、

 

あえて姿と形をとって、願いを聞かせる。

 

それがひとこえの念佛である。このひとこえのほかに、

 

仏はましまさず。このひとこえに大悲が顕現している。

 

自分が助かるとか助からないとか、そんなものしらない。

 

如来が助けると仰るのであれば、それで十分。自分の確信など何の価値も

 

ない。確信と思っているだけで、無根拠であり、そう思える縁起が

 

成り立っているだけで、因縁はやがてほどける。

 

法性は常住である。如来は常住である。われは無常である。

 

如実知見、逃げない、仏法とは正面から受け止められることである。

 

南無阿弥陀