むなしさとともに

念佛とはむなしさを横超する大行なり。専ら聞くばかり。ともに聴聞しましょう。もろびとみなともに。

お同行の言葉

土徳と善知識に育てられたお同行の言葉は、

 

たとえ理性的ではなくても、しみこむように感じる。

 

仏法を聞いたら、ちっとはましな人間になれるかと思っているが、

 

どうでしょうか、と尋ねたら、先生は「あんたは諦めなはれ。

 

ただ念佛申しなさい」と仰ってくださった。

 

長い月日が流れたが、今になって、先生に言われた言葉が

 

とても有難い、と仰っていた。

 

ちっともましになれない。何にも変わらないし、変われない。

 

どうにかなると思っていたが、どうにもならない。そこに一つの悲嘆があり、

 

断絶がある。そこに聞こえる念佛の声。

 

その声が聞こえたならば、もはや法蔵比丘に文句が言えぬようになる。

 

何も言えない。疑おうにも疑えぬ。信じようという心さえいらぬ。

 

ただあぁ、この南無阿弥陀佛に往生させて頂くばかりである、と

 

何度でもそこに引き寄せられ、念佛を聞かされる。

 

あぁ、この本願の尊さよ。あぁ、諸佛証誠のありがたさ。

 

釈迦如来の深い佛恩、親鸞聖人、先達のご苦労。

 

弥陀五劫思惟の願をよくよく案ずれば、ひとえに親鸞いちにんがためなりけり。

 

信じるとか信じられぬとか、助かるとか助からぬとか、わが身に付属する

 

一切は無用。応に如来如実の言を信ずべし、と仰った、親鸞聖人の

 

仰せ、有縁の善知識、諸佛のお言葉にただうちまかせるのみ。

 

南無阿弥陀