むなしさとともに

念佛とはむなしさを横超する大行なり。専ら聞くばかり。ともに聴聞しましょう。もろびとみなともに。

かけがえのない存在

人が死ぬ、ということはどういうことだろうと考えた。

 

存在が空白になってしまう。

 

その空白は、決して他の誰かや何かでは埋まらない。

 

その存在しか埋められない。

 

しかし、その存在がいなくなってしまう。

 

そして、それは逃れ難い。悲しみ、苦しむ。

そうしている間に、自分自身歳を重ね、老い、病にかかり、死んでいく。滅ぶ。

必ず死なねばならないいのちを、今生きている。逃れることはできない。

 

一人称の死。

 

それが繰り返されていく。生死流転。この流れから出る。

 

仏法の眼目。しかし、常没である自分がそこから抜け出すことはできない。

 

故に、助けるとの如来の仰せにまかせる。

 

結局、死ぬということがわからない。

ただ言葉を捜しても、その言葉も見つからない。

そして、時が流れて、忘れていく。念佛を申す。それだけである。

 

南無阿弥陀