むなしさとともに

念佛とはむなしさを横超する大行なり。専ら聞くばかり。ともに聴聞しましょう。もろびとみなともに。

信心を批判するはたらき

落ち着こうとか、安住したいのに、全然そうさせてくれない先生がいる。

 

厄介だなぁと思いながら、大事にしなければならない、ご縁だと思っている。

 

本当に安寧に止まりたい。わかった、というところに留まりたい。

 

でも、それが助かったといえるのか?個人的心境ではないか?

 

もろもろの衆生とともに、という世界が開けているのか?

 

その先生の話を聞くと、ひっくり返される。

 

よくぞ、ここまで言ってくださる、そう思っている。

 

真実信心によって、どこまでも批判され続ける自分の信心。

 

そのはたらきこそがまことの真実信心というはたらきである。

 

南無阿弥陀