むなしさとともに

念佛とはむなしさを横超する大行なり。専ら聞くばかり。ともに聴聞しましょう。もろびとみなともに。

専修念佛

自分がどう思うとか、どういただけるようになったとか。

 

そんなものに用事はない。なぜなら、思えるときもあれば、

 

思えないときもある。そんなふらふらしたものに何の用事があるのだ。

 

ただ念佛往生の大悲、わが名を称えるばかりで必ずたすける、

 

ほかに何もいらない。わが名を称えてくれ、という如来の御心が

 

名号のすがたとなってまで、いま、ここに、躍動している。

 

それが一声の念佛である、よきひとから聞かせて頂く。

 

そのお心に感応道交したとき、如来の助けずんばおかない、という大悲が

 

貫く。それを聞其名号と仰られるのである。

 

今はただ聞こえるままが助ける助けるの仰せ。

 

選択本願の念佛とは、如来の智慧がこれ一つで救うという、ゆるぎない確信と

 

いう裏づけがある。そして、専ら佛の名号を聞けよ、聞くばかりであると、

 

正しく念佛一つを勧めて下さるのが諸佛善智識である。

 

よきひとの仰せにそのまま従うばかりで、真宗では如来に出遇うのである。

 

わが思いに微塵の用事なし。思うなら思うまま、思わんなら思わんまま、

 

ただ念佛にかえる。それだけでいい。

 

南無阿弥陀