むなしさとともに

暗黒の最中、真実の声が聞こえる。大悲の御声。南無阿弥陀佛

わが名を称えよ

わが名を称えるばかりで、必ず汝をわが国に生まれさせる。

 

どうかわが誓願を信じてくれよ、やるせない大悲が声になり、

 

念佛往生を告げ知らせるのが、南無阿弥陀佛。

 

わが名を称えるばかりで助ける。ほかに何もいらない。

 

わが心、わが身に微塵の用事なし。

 

如来が助からぬものに、何を仰っているかを聞き開くのが聴聞である。

 

何を仰っているのか?タスケルタスケルの常の仰せである。

 

それが今、ここで、口に称え、耳に聞かしめられる南無阿弥陀佛の一声なり。

 

南無阿弥陀