むなしさとともに

念佛とはむなしさを横超する大行なり。専ら聞くばかり。ともに聴聞しましょう。もろびとみなともに。

佛智疑惑

どうしても如来のことを、如来の教法を信じることができない。

 

いくら聞いても、いくら善行を行っても、何にも変わらない。

 

どうしても煩悩が雑ざる。そもそも善行かどうかを決める主体は自分であり、

 

善行である根拠がない。何も分からないではないか。

 

世間のことは自分で何とかせねばならないが、わが後生に関して、

 

わが力一切及ばず。どうすればいい?

 

構わない、汝わが名を称えよ。すべて知っている。

 

これが無碍光であり、徹照すると親鸞聖人は慶んでおられる(弥陀如来名号徳)

 

すでに想定済みである。その御心が五劫思惟の相をとっておられる。

 

佛智疑惑の者よ。そのまま貫く。何も問題ない。

 

わが名を称えるばかりで必ず往生させる。

 

必ず助けるの御心が若不生者不取正覚であり、兆歳永劫の相である。

 

わが本願の力無窮なり。そのままなりで助ける。

 

本願の御心を告げ知らせるのが念佛の相であります。

 

どうしても我らを往生させたいのが本願の御心でありました。

 

南無阿弥陀