むなしさとともに

念佛とはむなしさを横超する大行なり。専ら聞くばかり。ともに聴聞しましょう。もろびとみなともに。

孤独

人間は決定的に孤独である。

 

しかし、孤独を抱える者は決してひとりではない。

 

分かり合えねど、孤独を共に背負うものを友という。凡夫という。

 

おそらく今日を最後に、二度と会わぬ者に言えぬ言葉をつづる。

 

さようなら。

 

南無阿弥陀

 

心は必ず相をとる。相とは行である。言葉だけでは弱い。

常に言葉と一致した行が最上であろう。いつしか言葉が行そのものとなる。

そこには何者かが介在する余地が一切ない。それを空というのだろう。

人間にはそれがとても難しい。

ただし、徹底的に行ずる。たとえ相手が分からなくても構わない。行じ続ける。

誰かのためにやるのではない。自分自身の菩提のために行じ続ける。

いつか行が衆生の心を貫く。菩薩とは果てしなく行じ続けるものである。

 

いつかそういう菩薩になりたい。