むなしさとともに

念佛とはむなしさを横超する大行なり。専ら聞くばかり。ともに聴聞しましょう。もろびとみなともに。

助かるのではなくて助けられる

真宗の救いとは、自力無効である。

 

わが力及ばず。

あるいは、わが身、わが心の浅ましさを智慧によって知らされる。

 

煩悩がなくなるのではない。煩悩を滅することは今生では不可能である。

 

また苦しみ悲しみがなくなることはない。ここは娑婆だから。

堪忍の土と如来は仰っている。

 

憑む一念に浄土に往生したとはいえない。

 

諸々の衆生も無量無数にいる限り、助かることはない。

 

十方衆生の往生成佛とわたしの往生成佛はイコールである。

離れたものではない。不二である。

 

難思議往生を遂げんとおもう、と親鸞聖人は仰った。

 

不断煩悩得涅槃。煩悩を断ぜずして、涅槃を得る。

 

これは、入正定聚の意味もあろう。

わたしの行くべき方向が本願によって、正しく定められた。

大悲が私の存在全体を貫いたのである。心だけもなく、身だけでもない。

存在そのものである。

 

念佛の一念に久遠の響きがある。それは今もこだましている。

 

憑む一念と自力無効は同時即である。

 

今はただ、喜びもどこへやら、

如来が、わたしに、何と仰っているか?それを聞くばかりである。

それだけで十分なのである。如来は本当に親切である。

 

わたしは助かるのではなくて、助けられるのである。

助からぬまま助けられる。矛盾が矛盾のまま横超される。

何も問題がない。まかせよ、と仰る如来にただ打ちまかせるばかり。

 

南無阿弥陀