むなしさとともに

念佛とはむなしさを横超する大行なり。専ら聞くばかり。ともに聴聞しましょう。もろびとみなともに。

仰せが佛法

自分には他力は分からない。不可称不可説不可思議の故に。

 

ただ、お前を必ず助けるぞ、間違わさぬぞの仰せがただただ嬉しい。

 

仰せとは、今わが口に称えさせられ、耳に聞こえてくるお念佛。

それ以外にない。故に勅命と親鸞聖人は仰った。

 

お念佛が聞こえるより他に信心はなく、

信心とはただ如来のわが名を称えよの仰せに随っている相より

他に特別なことはない。

 

ただほれぼれと弥陀のご恩、法蔵比丘の骨折を憶念するばかり。

 

自分が助かるか助からぬか、地獄へいくか、浄土へ往生を遂げるのか何も知らない。

 

今耳に聞こえる南無阿弥陀佛がタスケルタスケルの仰せぞよ、の善知識の教えに

信順するばかりで文句はない。

 

なぜなら、自分は往生成佛に関して全く無知無能なのだから。

 

自分の存在そのものを無明という。

 

故に無明のものは、ただ助けるぞやの如来の仰せを聞くばかり。

 

聞くより他に用事なし。仰せが佛法。わが身わが心に微塵の用事なし。

 

自分には佛を憑む心がない。

 

故にご回向の南無がついている。南無とは憑む機のことである。

 

憑む機までご成就の南無阿弥陀佛。もはや文句あるまいな。

 

今、口に称え、耳に聞こえ、骨に響くのが、無限大悲の南無阿弥陀佛。

 

まことに親切の極みなり。決して助からぬ機を必ず助けるご本願の力強さよ。

 

若我成佛 十方衆生 称我名号 下至十声 若不生者 不取正覚

 

南無阿弥陀