むなしさとともに

徒然なるままに。今を生きるあなたへ。何百年後の君へ。価値ある人生をとともに。

南無阿弥陀佛のいわれ

然ればすなわち弥陀如来

 

法蔵比丘の昔、平等の慈悲に催され、普く一切を摂せんが為に、

 

造像起塔等の諸行を以て、往生の本願としたまわず。

 

ただ称名念仏の一行を 以て、その本願としたまえるなり。

(『選択本願念仏集』第三章)

 

 

南無阿弥陀佛の謂れを聞け、弥陀を憑め、と聴聞させて頂く。

 

 

なぜ称名念佛ただ一行を法蔵比丘はお選びになったのか?

 

 

この法然聖人のご文にその結論が凝縮されている。

 

平等の慈悲、普く一切を摂せんが為に。

 

この一文である。

 

このご文の心を尋ねると、全ての有情をもれることなく、あますことなく、

 

必ずわが浄土へ生まれさせて佛に仕上げてやりたい、という御心。

 

全ての有情とは、わたし一人である。わたし一人が、どんな境遇におかれても、

 

何をしても、何を思っても、関係なく、

 

わが願力にて真実報土へ往生させる、もし生まれずば誓うて、

 

佛に成らじ、との思し召し。

 

何の文句があろうか?平等の慈悲、必ず助ける、という御心。

 

この御心が念佛の信の相をあえてとって下さっている。

 

その御心を信頼するのである。その御心を聞くのが聴聞である。

 

念佛は如来の直説法と聞く。専修念佛一行。これを一期貫くのである。

 

南無阿弥陀