むなしさとともに

徒然なるままに。今を生きるあなたへ。何百年後の君へ。価値ある人生をとともに。

佛の方より往生は治定せしめたまう

往生とは、聞其名号の一念において、

 

佛の方より定めて下さるものである。

 

死ぬことでもないし、立ち往生と云う言葉も間違っている。

 

間違っているが、それでも、テレビ等で仏教のお言葉が聞けるのは

 

有難い。往生とは幅のあるものであり、一時点だけを指すのではない。

 

すなわち往生は始まりがあって、必ず遂げられるのである。

 

それを必至滅度と仰るのである。必ず彼岸に至る。至らしめられる。

 

そういう生を恥ずかしながら生かされている。

諸々のいのちのともがらとともに。奪いながら傷つけながら。

 

今はただ 念佛の声が 耳に聞こえる ただのそれだけ

ただのそれだけ われは満足

 

南無阿弥陀