むなしさとともに

念佛とはむなしさを横超する大行なり。専ら聞くばかり。ともに聴聞しましょう。もろびとみなともに。

仏恩を思う

南無阿弥陀佛という声にまで、お成り下さり、

 

常に呼び掛け、抱き続け、照らし続け、言い当て続けてくださる、

 

無量寿仏に深く帰依致します。

 

帰依する心さえないので、帰依する心まで回向下さって、

 

助けるぞと呼んでくださるのが、今口に称え、耳に聞こえる南無阿弥陀佛。

 

この世は厳しく、辛く、苦しいところ。ここを立派に生かしてやりたいと

 

いう御心が、たもちやすく称えやすい名号の相をとってくださった。

 

有縁の沢山の善知識、いのちのともがらとともに、安楽国へ往生を遂げたし。

 

自分だけ往生してもつまらない。ともに往生を遂げたし。みなとともに。

 

みなもろともに。一人残らず。誰も見捨てず。

 

我、汝を決して見捨てず。その御心が光明無量・寿命無量である。

 

我、汝を必ず受け止め、わが国に往生させん。もし果たせずば佛に成らじ。

 

この無限の大悲を聞くのである。

 

それ以外に聴聞すべきことはない。南無阿弥陀佛のいわれとはすなわち、

 

底知れぬ無限の大悲を聞くのである。それはいかに煩悩具足極重悪人で

 

あろうとも、障りなく貫き、至り届くのである。

 

えらばずきらわずへだてず。皆如来の前では一人子の如しと仰る。

 

平等の慈悲に催されて、遍く一切を摂せんがために、ただ称名念佛の一行を

 

往生の行としてお選び下さった。無限大悲をもって、一切を抱きとる。

 

不可思議の無量寿仏に帰依し、その底知れぬご恩を憶念致します。

 

南無阿弥陀