むなしさとともに

念佛とはむなしさを横超する大行なり。専ら聞くばかり。ともに聴聞しましょう。もろびとみなともに。

中道

偏らない。

 

善悪に依らない。此岸にも彼岸にも依らない。今この身このまま。

 

過去にも未来にも依らない。ただ今に足を下ろす。

 

如来の仰せをただ聞き、随い、念佛を申す。

 

原始経典(中村元先生訳)を拝読している。

 

平易なお言葉で簡潔に説いて下さっている。

 

遅々とした道だが、今は、この道を尋ねていこうと思う。

 

八万四千の法門とは、あらゆる問いに予め如来がお答えくださっているように

 

思う。不思議なことだと思う。

 

南無阿弥陀

 

180130追記:

 

無功用と云う言葉があります。これが今の自分の理想であります。

 

自分の言葉でいえば、ナントモナイ。八地以上の菩薩は、

 

作心を必要としないと聞いております。

 

自分の悪性をただ観察する。正体が分かれば、恐れることはない。

 

お化け屋敷と一緒で、タネと仕掛けが分かれば、あぁここで出てくるな、

 

あぁ怒りはこうして出てくるのか、とただ観察する。

 

これを如来のはたらきが繰り返してくださる。

 

お念佛が煩悩をさらって遠くへ運んでいく。

 

本願海は常に功徳のさざなみがあって、悪性を常にさらっていく。

 

すぐにみえなくなって、忘れる。実生活における本願の功徳であります。

 

あるのはしみじみと佛のご恩を思うばかり。

 

本願のおはたらきによって、これが展開され続けるのであります。

 

どこまでも深く、どこまでも広く。あぁどこまでも。