むなしさとともに

念佛とはむなしさを横超する大行なり。専ら聞くばかり。ともに聴聞しましょう。もろびとみなともに。

煩悩をくだく光

解脱の光輪きわもなし 光觸かふるものはみな

 

有無をはなるとのべたまう 平等覚に帰命せよ(浄土和讃

 

和讃には、左訓を書いて下さっていて、わざわざ親鸞聖人がこの言葉の意味を

 

ご自身の言葉で残して下さっている。 

 

輪の左訓  くだく。解脱といふは、悟りを開き、仏になるをいふ。

 

われらが悪業煩悩を阿弥陀の御光にて摧くといふこころなり。

 

 

以下頂礼してわたしにいわく、

 

摧とは、正見なり、如実知見と申す。

 

佛のかたより念佛の信心を回向したまうが故に、佛心が凡心を

 

貫き至り届き摂取したまう。智慧は光明なり。煩悩を知見せしむる

 

おんはたらきなり。

 

われらを助け給うこの如来はことばと声の如来なり。

 

即ち阿弥陀如来なり、南無阿弥陀佛なり。方便法身と申し、

 

この如来法性法身よりすがたをあらわす。方便とは大悲方便なり。

 

この如来の大悲念佛往生の誓願をわれら聞き開くがゆえに

 

聞其名号の一念が起こるなり。この心金剛心と申す。

 

法蔵比丘平等の大悲願心を本となす。

 

煩悩を弥陀の光明によって照らされるが故に、有無の邪見にもはや

 

用事なし。ただ念佛きけよの仰せにしたがい、無量寿佛と

 

釈尊の大悲に信順す。まこと尊い大悲なり。

 

南無阿弥陀