むなしさとともに

念佛とはむなしさを横超する大行なり。専ら聞くばかり。ともに聴聞しましょう。もろびとみなともに。

無常

無常に良し悪しなし。

 

それを自分の都合にとって良し悪しの色をつけ嘆く。

 

自然に対してさえ我らはあまりに小さく無力である。

 

直面する変化に対峙するとき、ただ立ち止まり、

 

ただ立ち尽くす。

 

況や何人も死を免れること能わず。

 

凡夫たるわれに、事実を受け止めること能わず。

 

立ち尽くす我らに届く一筋の光。

 

今はただ口に称え耳に聞こえる念佛をただ聞くばかり。

 

念佛とは智慧である。無常を無常と観察することで

 

無常を超える。

 

それが亡き人の菩提を弔うことになるのではないか。

 

南無阿弥陀