むなしさとともに

念佛とはむなしさを横超する大行なり。専ら聞くばかり。ともに聴聞しましょう。もろびとみなともに。

本願のかたじけなさよ

かたちあるものは移ろい、滅んではまた生まれていく。

 

ただ如来のみ常住であり、無常と煩悩を超えているが故に、

 

常住である。

 

この世の一切はもえている、と釈迦如来は仰っている。

 

 

自分が全くの凡夫であり、助かりようがないことを

 

徹底的に知らしめる。何度でも何度でも煩悩の身に

 

引き戻す。そこには悲しみとはじる心を本願が与えて下さる。

 

だからこそ、凡夫を必ず往生させずばおかないという

 

本願の力強さを凡夫の身を通して告げ知らせ聞かせる。

 

煩悩具足の身こそ、如来と自分の大切な場であったとは

 

知らなかった。

 

真宗とは学ぶものでなく、出遇うものである。

 

 

弥陀の五劫思惟の願をよくよく案ずればひとえに親鸞いちにんが

 

ためなりけり。さればそれほど(そくばく)の業を

 

もちける身をたすけんとおぼしめしたちける本願の

 

かたじけなさよ(歎異抄

 

南無阿弥陀

 

如何に浅ましい現実であっても、念佛に支えられ、

 

困難に体当たりしていく。法は人を通してはたらきを

 

明らかにする。法と人は相離れるものでなく、相即したものである。