むなしさとともに

念佛とはむなしさを横超する大行なり。専ら聞くばかり。ともに聴聞しましょう。もろびとみなともに。

大悲を聞け

あるお寺へ行った。お話は機を責めるようなものだった。

 

自分には不要でしたので、午前中で帰りました。

 

機を責めたところで、せいぜい自己反省、若干の自己否定で

 

終わるより他にない。聞いたその時はあぁと思っても、

 

寺を一歩でたらすぐに忘れ果てるでしょう。

 

自分はもう忘れました。

 

自己反省、自己否定で助かるようなものではない。

 

佛に成りたいのは自分ではなくて、法蔵比丘の方である。

 

何としてもこの助からぬ者、即ち私の上に自らの功徳を

 

成就せしめんという覚悟、大悲。

 

不果遂者不取正覚(佛説無量寿経第二十願)

 

念佛聞くばかりでもう十分でありますと聞き抜く。

 

聞名の一行をたもつ。ここに自ずから、如来の大悲が

 

わたしの存在そのものを貫徹するのである。

 

助からぬわたしのためにわざわざ名となり、声になり、

 

言葉にまでなって下さり、喚びづめに喚んで下さる。

 

この一声を聞く。これよりほかに具体的な本願はない。

 

不満ばかりのひぐらし、申し訳なく思う。

 

南無阿弥陀