むなしさとともに

念佛とはむなしさを横超する大行なり。専ら聞くばかり。ともに聴聞しましょう。もろびとみなともに。

むなしさはむなしさのままで

如来の作願をたずぬれば 苦悩の有情をすてずして

 

回向を首としたまいて 大悲心をば成就せり(正像末和讃

 

苦悩の有情とはわれであり、われらであります。

 

根機つたないとて悲しむなよ。助けるぞよと

 

喚びたもうなり。親鸞聖人のたまわく、

 

喚ばふとは喚びづめである。絶え間なく常である。

 

助からぬわれら、如来の無限大悲本願力にて必ず平等に

 

念佛往生せしめられるなり。

 

念佛往生の信心発起せしめられるが故に、助からぬわれら、

 

みな無上大涅槃に至らしめられるなり。

 

助からぬわれら、如来の本願力にて必ず往生せしめられるなり。

 

念佛の行者もし往生せずは、われも正覚を取らじ(持名鈔 本)

 

汝、安心なら安心のまま念佛申しなさい。

汝、悲しいなら悲しいまま念佛申しなさい。

 

念佛とはむなしさを打ち消さずしていだきとってくださる

如来の大行であります。

 

汝、今その身そのままその心のまま念佛申しなさい。

 

その口に称え耳に聞こえる念佛をただタスケルと聞くばかり。

 

南無阿弥陀