むなしさとともに

念佛とはむなしさを横超する大行なり。専ら聞くばかり。ともに聴聞しましょう。もろびとみなともに。

念佛を申す

ただ念佛して弥陀にたすけられまいらすべし(歎異抄

 

無量寿佛の御名をたもて(観無量寿経

 

如来、善知識のお勧めにしたがい、ただ念佛を申す。

 

念佛を申すところに帰れば、自身は煩悩具足の凡夫。

 

世界は火宅無常の世界。

 

だからこそ往生させずばおかんという無縁の大悲が

 

かけられている。

 

原点に帰ればいつでも助けるの仰せが聞こえるでないか。

 

ここに弥陀がおる。それが南無阿弥陀佛の名乗りである。

 

南無阿弥陀