むなしさとともに

念佛とはむなしさを横超する大行なり。専ら聞くばかり。ともに聴聞しましょう。もろびとみなともに。

智慧

実知見。いついかなる場合においても、そのままを観察すること


いついかなる場合とは、行住坐臥不問時節ということ。すなわち、

いつでもどこでも、自分の都合を通さず、直視すること。

そのままを止観する。そこに実相がある。

実相とは縁起である。縁起とはものの関係の依存性、

すなわち独立独鈷たるものは何一つ存在しない、常に相互の関係性の中で

生起消滅する、と体解する。この心は対象に依って反応する心で、

自分が起こしているわけではない。

我があり、我が起こしているという錯覚のことを顛倒という。邪見とも申す。

実相は空であるが故に縁起に依って相が現れる。

ただし如来は全くの自由なる独立者であり、

すでに縁起生を超えて、常住である。故にその本体を法性法身という。

いろもなくかたちもましまさず、という存在を超絶した存在であり、

ことばもこころもおよばれない真理そのものである。

南無阿弥陀