むなしさとともに

念佛とはむなしさを横超する大行なり。専ら聞くばかり。ともに聴聞しましょう。もろびとみなともに。

柔軟心の利益

我執は否定されることをかなり嫌がる。


だから怒り腹立ちが起こる。


避けられない。避ける力がない。


それに対し柔軟心は衝撃を和らげる。


だから言葉の通りただ聞けばいい。


足りなければ次に活かせばいいし、


的を得ないならば差し置いておけばいい。


十地経には初歓喜地の徳がしめされており、悪名の恐れなしとある。


真宗の教えであれば、如来回向の


柔軟心が初歓喜地の徳に等しいはた


らきをなして下さると頂きたい。


佛法は人を器として娑婆に働きいでる。


人を通して法は広まっていく。


ひたすら念佛聞くばかり。


念佛の波が常に煩悩をさらっていく


我執の手を波がさらって


遠くへ遠くへあぁもう見えなくなった


波はたえずさらい続けて下さる


本願の波に任せておけばいい


執着は何度でも出るが本願の深さ、


広さには及ばない。


執着は身があるが故に起こる。


必ず滅度に至らしめると弥陀は仰る

ならば打ち任せるばかり。


南無阿弥陀