むなしさとともに

念佛とはむなしさを横超する大行なり。専ら聞くばかり。ともに聴聞しましょう。もろびとみなともに。

佛法

自分の全存在をかけてぶつかっていけば、

 

必ず法蔵菩薩は本願念佛をもって相応して下さる。

 

いのちを投げ入れるだけの価値を包含する故に、

 

釈迦如来滅度以来、二千五百年以上の歴史に堪えて

 

下さったのだろう。

 

釈迦如来親鸞聖人がご覧になった月を今見上げる。

 

本当はきっととても不思議なことだろう。

 

何も分からぬままただ念佛を申し耳に聞くばかり。

 

信心が起こっても煩悩と我執はこの身が滅ぶまで、決して

 

なくならない。いよいお深淵である。わが力微塵も及ばず。

 

和田先生の晩年のお言葉は、そのとおりですと頷かざるを得ない。

 

世間に埋もれてしまっていて佛を思う心がない、これが現実である。

 

念佛を聞くこともなく、一日が瞬くように過ぎていく。

 

だからこそ往生させる、我が名を称えよと如来は喚びづめであると

 

よきひとは教えて下さる。それを聞き、託すばかり、聞くばかり。

 

南無阿弥陀