むなしさとともに

念佛とはむなしさを横超する大行なり。専ら聞くばかり。ともに聴聞しましょう。もろびとみなともに。

生苦

 生苦を感じる。

 

人は老い、病で死ぬのではなく、

 

生まれた、生まれるが故に

 

死に至る。

 

無明が存続する限り、また

 

生死流転すると如来は仰る。親鸞聖人は法然聖人の選択集より引文されている。

 

還来生死輪転家 決以疑情為所止(以下漢字七文字の句は全て正信念佛偈のことば)

 

無明は疑いという相に炙り出され、念佛に破られる。

 

自分の現実、あるいは

 

ドキュメンタリーを省みるに、

 

どうやらこの世界は娑婆らしい。

 

どの人も懸命に生きている。

 

身体を引きずり、感情を堪え、

 

汗をかき、歯をくいしばって。

 

だが悲しいかな。智慧なきが故に

 

何も成就せずに死んでいく。

 

苦諦。集諦。

 

如来のまなこは透徹であり、

 

曇りなきまなこである。

 

われもまた苦悩の有情である。

 

ただ念佛申すしかない。

 

滅諦。道諦。解脱。出離生死。

 

娑婆に居ながら娑婆を超えるのが

 

真宗である。

 

必至滅度願成就。応信如来弘誓願。即横超截五悪趣。

 

正信念佛偈のことばは透徹を含んで下さっている。

 

南無阿弥陀