むなしさとともに

念佛とはむなしさを横超する大行なり。専ら聞くばかり。ともに聴聞しましょう。もろびとみなともに。

愚者になりて往生す

浄土宗のひとは愚者になりて往生す。

 

親鸞聖人は法然聖人からこう聞いたと述懐される。

 

愚者とは煩悩具足の自身を如来に託したものである。

 

煩悩具足とは拭いされるようなものではなくて、

 

自分は煩悩のほかに何もない、どうにもならないという

 

ことだと実感する。

 

色即是空空即是色。

 

故にそのままなりで助けずばおかないという大悲が

 

煩悩具足のわれらにかけられているのである。

 

極重悪人唯称仏の仰せ。

 

如来に出遇っても全く煩悩は止む暇がない。

 

また信心は自分と他者を区別するものではない。

 

信心とはいよいよ自分は助からぬ凡夫であり、

 

誰かや何かを傷つけることでしか存在できないということと、

 

だからこそ汝を必ず往生させるという念佛往生の願力が

 

かけられていること、

 

そして、煩悩具足の苦悩の有情がわれらであり、

 

この一点において全くわれらは平等であることが

 

三位一体に繰り返し巻き返し知らされるおはたらきである。

 

仏教とは実践であり、現実である。

 

娑婆を娑婆ながらに真実を反照してくれる場所に変えなす。

 

転じて下さる。

 

願力自然、般若波羅蜜智慧の念佛、真実信心天。無量光明土。

 

大悲がわれらの声に姿を変えなして今聞こえて下さるよ。

 

南無阿弥陀佛と聞こえるよ  ただ聞くばかりだよ。

 

南無阿弥陀