むなしさとともに

念佛とはむなしさを横超する大行なり。専ら聞くばかり。ともに聴聞しましょう。もろびとみなともに。

如来の仰せ

助けるでたのめ。

 

任せよと仰せ下さる如来を南無阿弥陀佛という。

 

仰せに帰順する、従う、託す。これが帰命の相。

 

念佛の行者は無相。無相故に印がない。わからない。

 

社会に溶け込んでいる。

 

違いがただ一つあるとすれば、その人は如来の仰せにしたがって、

 

小さな声で念佛を聞いているだろう。

 

煩悩も我執も現実もそのままだが、如来は常に喚んで下さる。

 

我をたのめ。念佛聞けよ。

 

念佛に帰れば大悲が智慧となって満ち満ちて下さる。

 

おぉ如来よ。素晴らしきはたらきよ。浅ましい相を

 

さらけ出し申し訳ありませぬ。

 

構わぬ。知っているよ。念佛聞けよ。助けるぞ。

 

汝念佛往生せずば誓うて佛に成らじ。

 

常に如来はおはします。常に如来に支えられ、励まされて

 

とぼよぼと歩む。

 

南無阿弥陀