むなしさとともに

念佛とはむなしさを横超する大行なり。専ら聞くばかり。ともに聴聞しましょう。もろびとみなともに。

喪失を機縁に

災害に被災するという感覚が分からなかったが、

こういうものなのだなと身を通して感じた。

言葉に出来ないが、ずっしり重いというか。

家族や親戚友人知人には直接的な被害は

なくても、見慣れた景色や図書館を

思えば、なんとなく今日は胸が苦しかった。

知らない間に自分の一部になっていたのだなと

改めて知らされた。


何にせよ、自らの身を通して学ぶ、実感することが、

本当に学ぶということであり、そうでなければ、どれだけ学問しても、

どれだけ思索しても、それは独りよがりであって、学ぶことにはならない。

いのちある間のこの人生は、有縁のともがらとともに、

悲しみ苦しみに身を浸し、それらを体解せよ、ということだと受け止めたい。

信心決定しても、煩悩はなくならない。

無佛法の普通の人と何も変わらない。

自戒を含めて、重ねて重ねて確認したい。

信心は自分と他人を区別する根拠には決してならないし、

してはならない。

法執は我執よりも更に激しい。驕慢に陥りやすい。それほど、

自分の凡夫性はしつこく、根深いのである。

だから、忘れてはならない。

南無阿弥陀佛、念佛の法は平等を必ず成し遂げるものであると。


南無阿弥陀