むなしさとともに

念佛とはむなしさを横超する大行なり。専ら聞くばかり。ともに聴聞しましょう。もろびとみなともに。

本願招喚の勅命

帰命は本願招喚の勅命なり(顕浄土真実教行証文類 行巻)


私のようなものは、如来の御名を称える資格はありません。

 

私のようなものは、煩悩と生死から離れることができません。

 

私のようなものは、誰かを傷つけずに、あるいは何かの命を奪わずに

 

生存することができません。

 

また智慧なきが故にどうすればよいのか分かりません。

 

私のようなものは助けられる資格は全くありません。


そんなタスカラヌ自分にめがけて、

 

わが名を称えよ、どうかわが名を称え、

 

往生させてくれよ、と仰って下さる。その言葉が南無阿弥陀佛。


私に信心はない。

 

煩悩と生死、我執我愛、差別、執着、殺生、貪、慢をそのままさしおいて、

 

ただ念佛申すばかりで必ずわが浄土へ往生させる、

 

汝にかかわる一切の罪、全責任はこの弥陀が引き受ける、

 

汝はただ念佛申すばかりで助ける。心配するな。

 

この言葉であります。

 

この言葉がすべてであり、如来の仰せであり、

 

最後の拠り所、腹の据わりどころであり、わたしの存在の根底を支える

 

本願の大地であります。これは一念に出来上がったものではなく、

 

信の一念の前、否、久遠の古からずっと在ったのであります。

 

ただそれを見失ってずっと流転していただけなのであります。


この阿弥陀如来

『汝タスケズバ我佛ニナラジ』の仰せ、

 

これを親鸞聖人は本願招喚の勅命と仰られた。

 

もはやわが力及ばず、ただ弥陀の誓願不思議、すなわち、

 

ただ念佛して弥陀にたすけられまいらすべしという諸佛善知識のお勧めが

 

最後の拠り所でありましょう。


私はただくちに南無阿弥陀佛と申し、耳に聞くより外に何もなくなってきました。

 

思いはからいが削ぎとられてきた、いよいよ助からぬ身が暴露されてきた。

 

全く助からぬ存在、微塵も助かる余地のない存在、

 

言葉の絶え果てた最低底下の愚者であるということを直視せざるを得ない。

 

いよいよ全く助からぬ存在であると暴露されるからこそ、

 

そんなお前を我タスケズバオカナイという如来の大悲が輝きを増すのである。

 

明遍照十方世界 念佛衆生摂取不捨 


如来に、汝わが名を称えよ、と仰って頂けること以上の身の幸せはありますまい。


われら衆生はこの如来の仰せ、誓願によって、往生させて頂くばかりである。


もはや凡夫が何を言おうと、何をして妨げようと、如来からの念佛往生の道を

 

妨げることあたわず。凡夫の妄想に微塵の用事なし。

 

故に無碍光如来と申す。煩悩をくだき、貫き、

 

必ず涅槃に至らしめる大いなる無限大悲のはたらきである。


誓願不思議とは、如来の無限無量無辺の果てしない大悲のことを指すのである。

 

念佛して助かるのでない。念佛の相をとってまで接近してくださった、

 

如来のやるせない大悲の心で必ず往生せしめられるのである。

 

念佛は大悲の相である。これを選択本願念佛と申す。

 

順彼佛願故、称我名号下至十声若不生者不取正覚。

 

帰命無量寿如来、南無不可思議光、帰命尽十方無碍光如来、南無阿弥陀