むなしさとともに

念佛とはむなしさを横超する大行なり。専ら聞くばかり。ともに聴聞しましょう。もろびとみなともに。

無明の闇を破するゆえ智慧光仏と名づけたり

この人はあなたにとっては、取るに足らないただの人かもしれない。

 

しかし、僕にとっては、かけがえのない、唯一無二の大切な人である。

 

僕はあなたの大切な人はわからない。

 

あなたは僕の大切な人がわからない。

互いにお互いの存在の尊さ、大切なものが何も分からない。

理解し、受け止め、尊重することができない。

これはわれら衆生が具足する無明の一側面である。


また互いを貫く本質的普遍性も分からない。

これを真理とか道理という。

 

また自分の本質性、すなわち凡夫であるという事実を見失っている状態と

 

真理を見失っていることは、実は一つであると仏教では説かれている。

 

故に流転、退転し、休まること留まることあることなし。これを苦という

苦の根本原因を無明という。根本的無知の状態を無明という。

 

全てはこの無明を因とし、縁としている。

 

この因縁ゆえに苦悩が絶えることなく繰り返される。

 

苦しみは結果であり、因ではない。


無明の闇を破するゆえ 智慧光仏と名づけたり

一切諸仏三乗衆 ともに嘆誉したまえり(浄土和讃


この身体がある限り、無明もなお存在する。しかし、法蔵比丘は仰る。

 

我汝を助ける。タスケズバオカナイと。助けるタスケズバオカナイの中身とは、

 

汝の無明をこの法蔵が破る、わが名を称えよ、必ず救うということである。

 

汝、根機つたなくして嘆くことなかれ。

その思いに縛られることなく、ただくちに

念佛せよ。心配するな、マカセヨ。タスケル。汝の一切の責任は我が引き受ける。


わが名を称えるものが、わが浄土へ必ず

 

往生することはわが本願であり、そしてそれは成就した。

 

中村元先生訳、大無量寿経で書かれていた深い一文である(岩波文庫


この救い、かたちなき大悲がかたちをとってまで顕現してくださった、

 

救い、すなわち浄土往生の時節到来を今、正に、常に、告げ知らせるのが、

 

この煩悩具足の身にあふれ出してくださり、今称え、今聞こえる南無阿弥陀佛。

 

この声を聞くばかりで他に何もいらない。

 

今生を最後に、必ず往生を遂げさせて頂く。

否、もはや浄土も地獄も望まず。

 

如来の連れて行ってくださるところへ行くばかりで、何も文句はない。

 

如来にいだかれて、どこへでも行くのみ。これを摂取不捨と名づく。


ここまで大悲を聞きぬかねばならぬ。

 

一つことをわがタマシイへしみこむまで聞かねばならぬ

ただ一ついわれ、同じことをわがはらわたにしみ、タマシイにこたえるまで

よく聞けよとのたまう(香山院龍温師、龍温語録)

 

南無阿弥陀