むなしさとともに

念佛とはむなしさを横超する大行なり。専ら聞くばかり。ともに聴聞しましょう。もろびとみなともに。

名無往生文 不退転について(位と行)

現在は西暦二○十八年八月の候なり。時は末法の頃なり。

 

佛教、われらが浄土真宗に言われるところの不退転に二の側面あり。

 

これ自身に已証されたところの功用なり。

 

一つには地不退という。凡夫地不退ともいう。

 

正しく自身は煩悩具足の凡夫、我生死出づること能わず、常没の

 

凡夫なりと信知決定せしめられるなり。この信、思想ならず、

 

考察ならず、概念ならず、ただこれ光明なり。自身を如実に暴露される

 

ところの如来智慧のはたらきなり。

 

親鸞聖人いわく、専らこの行に仕えただこの信を崇めよ、の信なり。

 

また決して浄土往生できぬ我を必ず救う願力に託せしめる信心なり。

 

二つには行不退なり。即ちわれらに回向し、信心決定せしめられるところの

 

選択本願念佛なり。

 

選択とはただ一つを選び取るなり。選択摂取ともいう。

 

これ一つで助けるぞという如来の誓いの御名なり。

 

本願とは佛説無量寿経上巻の因位法蔵比丘、果位阿弥陀如来

 

第十八願の念佛往生の誓願なり。

 

善導大師の釈には、下至十声若不生者不取正覚と仰る。

 

たった十声なりともわが名を称える者をわが浄土へ

 

往生させることができないならばこの法蔵は佛になること

 

あることなし、のこころをあらわす。すなわち如来甚深微妙の法、

 

無限大悲の佛心にたすからぬわれらが平等に摂取されるところの

 

因行をあらわす。念佛往生は因位法蔵の渇望されたところの

 

本願なり。

 

佛のお心を現代の人々と噛み締め、深く如来の恩徳を

 

仰ぎ、ともに平等に真実報土へ往生せしめられたし。

 

この本意を示すためにこれを示さん。古書古文でなく、

 

今現在の言葉で如来の恩徳を表明する。

 

南無不可思議佛