むなしさとともに

念佛とはむなしさを横超する大行なり。専ら聞くばかり。ともに聴聞しましょう。もろびとみなともに。

名無往生文 真実報土

 浄土は方向である。

 

浄土はあってもなくてもよいものではない。

 

なければならない、どうしても願わずにはおれない世界である。

 

人生は苦である。人間、自分は苦を孕んでいる。苦を身としている。

 

人間は苦を感受しうる存在である。なぜ人と生まれたか。

 

大悲は浄土として方向を与えてくださり、衆生のうえには

 

智慧となってはたらいてくださる。智慧とは見せしむるはたらきである。

 

苦は苦であると見えたとき、苦を苦のままに超える。

 

 

 

念佛は法蔵比丘の声と聞け。

 

諸仏菩薩は善知識と現れてくださる。常に浄土を表わそうとされている。

 

無限大悲の如来よ、まことに不可思議なる佛法。

 

念佛にまでなってくださる無限大悲よ。

 

今はただ  言葉は絶え果てて  ただ聞こえるよ  念佛の大悲

 

南無阿弥陀