むなしさとともに

念佛とはむなしさを横超する大行なり。専ら聞くばかり。ともに聴聞しましょう。もろびとみなともに。

地獄を超える

地獄にいるとしよう。

 

なぜ地獄か。答える。希望を見出だせぬ故に。

 

地獄を超えるとは何故ぞ?答える。

 

我すでに光を蒙る。我すでに光を見出す。

 

光とは何ぞ?答える。如来なり。一切衆生なりと。

 

もはや地獄を恐れる必要はない。

 

何故に?一人ではない故に。如来常にまします。

 

如来智慧とは地獄を超えしむる大悲である。

 

地獄を超えるとは逃げぬこと。引き受けること。

 

如来は足となり大地となり、我らを支えたまう。

 

これを横超という。地獄もまた無常である。実相を観ずるに恐れるに足らず。如来法性は常住なり。

 

なんともない、ただびとの独り言。

 

南無阿弥陀