むなしさとともに

念佛とはむなしさを横超する大行なり。専ら聞くばかり。ともに聴聞しましょう。もろびとみなともに。

七地八地の水際

大切なことは、煩悩を離れることはできないということ。すなわち決して助からぬこと。

 

そして、煩悩具足、いしかわらつぶての如くなるわれらであること。

 

七地ではまだ躊躇がある。

 

八地にはもはや躊躇はない。ひたすら行ずる。

 

体当たりである。

 

七地までは自利が多くて利他が少ない。

 

八地以降の教化地は自利が少なく他利が多い。

 

自分が教化地ではない。信心がいよいよ浅ましい深淵を照らし見せつけて、

 

もう否定しようがないところまで照らされている。

 

これを利他教化地と表現するのである。

 

南無阿弥陀