むなしさとともに

念佛とはむなしさを横超する大行なり。専ら聞くばかり。ともに聴聞しましょう。もろびとみなともに。

東山魁夷という画家の作品に、「道」というものがあります。

 

描かれた道は、これまで辿ってきた道でもあり、

 

これからまだ続いていく道でもある。

 

東山氏はこんなふうに仰っていた。

 

阿弥陀佛の本願は如何なる衆生であっても、

 

その存在に対して垂直かつ不断に照らし続けて下さる。

 

間断なく、常であり、分け隔てもない。

 

えらばず、きらわず、へだてず。

 

いしかわらつぶての如くなるわれらをみ胸に

 

いだきとり、必ず往生させる、果遂せずば

 

誓うて如来にならじとまで仰って下さる。

 

それが今口に称え耳に聞こえ骨に響くところの南無阿弥陀佛、念佛のお心であったとは

 

知らなかった。

 

今までも、平坦な道ではなかった。

 

これからもきっとそうだろう。

 

悲しいこと、やり切れないこと、耐えられないこと、いっぱいあるだろう。

 

死んでしまいたくなる、そんなことも、

 

また出てくるだろう。

 

しかし、この念佛の道、本願の大道を障碍しうるものあることなし。

 

死なば死ね、生きなば生きれ。

 

如来ともにまします。

 

助からぬわれらに必ず往生させるという

 

無限大悲が平等に垂直不断にかかっている。

 

今ここに念佛にまでなって喚びかけて下さる。

 

凡夫よと 喚ばれることの あたたかさ

 

あらゆるものと 分かち合いたし

南無阿弥陀

 

察するに、東山魁夷氏は回心した方であると

 

思います。